イラストレーションブログ第1弾【アイスショー】

タイトル【The Ice Show】

ピョンチャンオリンピックも終盤。
結果ではないといいながら、長野オリンピックを越えるメダル獲得数で、ついつい盛り上がってしまう、スポーツ観戦大好きな私…。まだまだすばらしい戦いが続くが、やはり羽生選手の2連覇金メダルはすばらしかった。

フィギュアスケートの二人の金メダリスト、荒川静香と羽生弓弦は、ともに私と同じ仙台出身だ。
あまり知られていないが、フィギュアスケートの日本発祥は仙台とされ、子供の頃から仙台城址(私にとっては青葉城址と言った方がなじみがあるが)の麓にある五色沼(フィギュアスケート発祥の地の看板がある)を、父親の運転する車で通るたびに教えられたのを覚えている。

その「発祥地」が関係していたかどうかわからないが、姉がフィギュアスケートをやっていて、国体などにも出るほどであったため、子供の頃からテレビでもフィギュアスケートをよく見ていた。姉が、仙台でのスケート大会の関係者だったときに、選手の演技と演技の間に、氷のでこぼこを埋めるという氷整備のアルバイトをやったことがあり、その大会には小学生だった荒川静香選手もいた、はずである(姉は、いなかったのでは?といっているのだが…)

私が子供の頃に、現解説者の佐野稔や渡部絵美が世界選手権で銅メダルを取ったのを覚えている。その後伊藤みどりなどの活躍もあったが、世界との差は遠く感じたものだった。まさか男女ともメダリストが、たくさん生まれることになるとは思ってもみなかった。
そして今回、ピョンチャンでの羽生と宇野のワンツーである。今は少しロシア勢に差をつけられている女子も、是非がんばって欲しい。

これほどフィギュアスケートを子供の頃から見てきたにもかかわらず、実は会場で実際の試合を見たことがほとんど無い。子供の頃に姉の大会を見に行ったことと、氷整備バイト時の、子供たちの滑りを見たくらいだ。
一度見に行ってみたいとも思うが、フィギュアスケート観戦ブーム全盛とも言える今、チケットはかなり取りにくいらしい。

スポーツでありながら、もともとエンターテインメントの要素も強いフィギュアスケートは、試合のあとに選手がショーを見せてくれる“エキシビション”があるという、変わった面もある。
さらに最近は、“STARS ON ICE”など、世界のメダリストなどが参加するアイスショーも、日本人が多く参加していることもあり、大人気だ。

そんなショー的要素の強いフィギュアスケート。アメリカでは古くから“氷上レヴュー”としてアイスショーが行われてきた。今回「アイスショー」について、少し調べてみた。

アメリカでは三大アイスショーとして“Holiday on Ice” “Ice Capades” “Ice Follies”があった。一番古いのが1936年にスタートした“Ice Follies”。後に続いて1940年に“Ice Capades”。1943年に“Holiday on Ice”が始まる。“The Ice Follies of 1939”という映画も、当時つくられ、盛り上がっていたらしい。

今、NHKの朝ドラ“わろてんか”で、何とか日本公演を実現しようとしている「マーチン・ショー」のモデルといわれる「マーカス・ショー」の日本公演がおこなわれたのが昭和9年(1934年)。その2年後には、このようなアイスショーがアメリカではスタートしていたということだ。

これらのショーは、ピンナップガール的イラストの当時のポスターもネットで出回っているので存在は知っていたが、今回調べてみて、実際のショーの映像も、YouTubeでたくさん見ることができるので、見て欲しい。

3つのショーは50年代から70年代にかけて人気を博したが、80年代に衰退してしまったようだ。
1981年に“Holiday on Ice”と“Ice Follies”は合併し、あのDisney on Iceをスタートした。

そしてそれぞれのショーは80年代に終了してしまった。
下に“Holiday on Ice”と“Ice Capades”のファイナル公演の映像があった。“Holiday on Ice”のファイナルが1985年となっているので、ディズニーオンアイスと平行しておこなっていたのだろうか。

日本のアイスショーは、1978年に、プリンスホテルの品川スケートセンターで、当時引退したばかりの佐野稔が中心となって開催された“VIVA ! ICE WORLD”が最初とのこと。
そういえば、今よりずっとテレビに出ていた佐野稔や渡部絵美。このアイスショーの宣伝的な意味も大きかったとか。佐野稔は、アイスショーを広めることに情熱をそそぎ、当時cmでもやっていた気がするが、今ではアマチュアは禁止の技「バックフリップ(後方宙返り)」も、アイスショーの目玉とするために習得したらしい。

80年代は、アメリカのレヴュー型のアイスショーも衰退期だったので、日本のアイスショーもずいぶん苦労したようだが、1988年に“Prince Ice World”に改称し、現代でも続いている。
アメリカでも、「氷上のレヴュー」というイメージから、オリンピックのメダリストのエキシビションとしてのショーに変化し、1969年にはすでに“Chanpions on Ice”が、1986年には“Stars on Ice”がスタートしている。

荒川静香が金メダルを取って以降は、浅田真央、安藤美姫、高橋大輔など次々と生まれるスターのアイスショーへの参加により、日本のアイスショーはすっかりプレミアムチケットとなっていった。
現在は“Prince Ice World”、荒川静香がプロデュースしている“Friends on Ice”。そのほか“Fantasy on Ice” “The Ice”など数多く催され、同時にアメリカの“Stars on Ice”も日本での公演が盛んに行われて人気だ。
一方で“Chanpions on Ice”は2007年に経営破綻したとのこと。

ということで、日本と世界のアイスショーの歴史を見てきたが、アスリートたちのエキシビションが中心の現在は、イラストやYouTubeで見れる様な衣装を着た氷上レヴューはもう見れないようだ。

外国人観光客がたくさん訪れるようになった今の日本で、外国人をもてなすショーなどの夜のエンターテインメント(ナイトライフを満たす)が少ないというニュースをよく耳にするが、フィギュアスケート王国の日本は、メダリスト意外にも、多くのレベルの高いフィギュアスケーターもたくさんいるのだろうと思うと、その受け皿にもなり得るような新たなアイスショーも出てきたら楽しいのに、と思ったりする。

タイトル【The Ice Show】可憐アスリートバージョン

2018-02-22 | tetsuro oh!noの近況, イラストレーション

本年もよろしくお願いします。


だいぶ遅くなりましたが、今年の年賀状です。戌年です。
1/22の今日、東京地方は大雪警報。どんどん積もってます。

足元にお気をつけて!

2018-01-22 | tetsuro oh!noの近況

東武百貨店・池袋店「春のおしゃれメモ -My Style-」

東武百貨店・池袋店「春のおしゃれメモ -My Style-」
パンフレット表紙、店内用ポスター等。

東武百貨店池袋店
http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/

2017-03-17 | tetsuro oh!noの近況, イラストレーション

CASIOの高級時計 “OCEANUS” by Alexander Illustrations

カシオの高級腕時計“OCEANUS”のWEBサイトで、アレキサンダー名義のイラスト描きました。
WEBサイト内にある「上質な暮らしを求め、成熟した生き方を目指す、大人のためのライフスタイルウェブマガジン“BLUE MOTIONS”」。そのなかの「ジェントルマンのための基礎講座 OCEANUSU Trivia Vol.2」です。



2017-03-02 | tetsuro oh!noの近況

Alexander Illustrations !

だいぶ前から変名【Alexander】を使ってはいたのですが、昨年から本格的に活動を再開しました。
tetsuro oh!noとはテイストの違うイラストは、「手書き」「表情」「輪郭線」が大きな違いです。
tetsuro oh!noでのイラストでは、その反対に、決めごととして、「べた塗り」「輪郭線無し」「タッチ無し」「パース無し」。
その決めごとのため、表現にかなりの制限がありました。
対するAlexanderは自由度が格段に上がるため、今までの反動のように描くことを楽しんでいます。
今年も力を入れていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

WEBサイトでもAlexanderコーナーできてます。こちらからどうぞ
Alexander Works

alex_birdgirl_b
alex_hat_b
alex_back_b2
mens_ex2_b
alex_sleep_b
alex_women3_b
alex_women4_b
alex_b_x_b

arex_luxuryliner_b
alex_compact_b
alex_birdgirl2_b

shhhhh_b
alex_cofeeinthebed2c_b
alex_woman6_b
alex_xmas2016_b
alex_scarf_b
alex_manandwomanor2_b
alex_neonfishu_b
alex_black&white_b
alex_men6_b
alex_shoes_b
alex_halloweengirls_b
alex_mens5_b
alex_coat_b
alex_leopard_b
alex_drivin_b


2017-01-12 | tetsuro oh!noの近況

モンステラ・ロードバイク(ステッカーチューン)

monsterabike1

商品でつくったモンステラカーステッカーをロードバイクに貼ってみたら、案外いい感じだったので、調子に乗ってフルステッカーチューンしてみました。
取りあえずはプリンターでつくれる自作ステッカーで。
なかなかいい感じになりました。
…Read More

インテリアショップ “VANILLA”

vanilla

週末(10/22.23)は、日本の自転車ロードレース最高峰イベント、「ジャパンカップ」を見に宇都宮へ。
その途中、前から訪れたかったインテリアショップ「VANILLA」へ立ち寄った。

最近は、都内より地方のほうが元気がいいお店が多い気がする、ミッドセンチュリーデザインを主に扱うインテリアショップ。
このVANILLAもそのひとつだろう。かなり前に、僕のイラストも扱ってくれていたときは、まだ福島県の郡山にしかなかったが、宇都宮にも進出し、オリジナル商品なども出している。
…Read More

2016-10-25 | tetsuro oh!noの近況, インテリア・建築・アウトドア・旅・コーヒー, モンステラ・植物

新作額装アート

rezm_sofa_b remz_chair_b

講演をしたインテリアショップ「かねたやROOM DECO幕張新都心店」では、アート展開催中です。そのとき発表になったオリジナル家具ブランド「REZM」の椅子とソファーをイメージした作品も販売中。オンラインショップでも販売開始。夜景は幕張の街並みです。もちろん部屋にはモンステラ。

MONSTERA DELICIOSA ONLINE SHOP
http://www.monstera-shop.com/

アート展開催中

2016-05-27_06-52-29_555FF2AA-8B32-403A-A8DF-96AF4D0F785A
2016-05-27_07-09-14_B885906E-B4D8-48F5-86D3-87CA34C59887

幕張新都心にある巨大なインテリアショップ”かねたやROOM DECO”さんにて、現在「モンステラ・デリシオーサ  tetsuro oh!no アート展」開催中。

広大な売り場の中に、「REZM」というオリジナルブランドのコーナーがオープン。コーナーといっても、それだけで一つのインテリアショップレベルの広さです。
…Read More

15周年記念『COVERS』 TETSURO OH!NO ILLUSTRATION LOOKBOOK 2016 (イラストブック)完成

lb_b0

支えてくださいました皆様のおかげをもちまして、インテリアグリーンの啓蒙WEBサイト「モンステラ・マニア」をスタートして15年、同時にイラストレーション活動も15年という節目を迎えました。

このたび、ささやかながらカタログ兼イラストブックを発行いたしました。
22ページ、23点のイラストを収録。
7インチレコード(シングルレコード)サイズ。なので、ちょっとレコードジャケットを意識したイメージでデザインしています。だからタイトルは「COVERS」。
収録イラストは、額装イラストとしても順次発売予定。カタログ的な意味も含めた2016年版ルックブックとなっております。

なお、オンラインショップにて、このルックブック、絶賛発売中です。(1000円+税)
オンラインショップで、額装イラストなど、合計10000円以上お買い上げの場合は、このイラストブックをプレゼント!(数はたくさんありますが、無くなり次第終了です)

このブログでは前イメージをちょこっと紹介します。
…Read More

1 / 3212345...102030...最後 »