夢の島熱帯植物館


夢の島熱帯植物館。
都内を代表する熱帯植物温室だが、実はモンステラマニアでちゃんとしたレポートがこれまでなかったので、ここであらためて。

バブルまっただ中の1988年開園。東京都のこの施設は、近くの新江東清掃工場のゴミ焼却熱を利用して冷暖房をすべてまかなっているとこのと。2006年からは指定管理者制度により日比谷アメニス夢の島グループによって運営されてるらしい。大人250円という格安で見学できるのがうれしい。


夢の島公園内にあり、駐車場から公園内を歩いて抜けると、すでに熱帯雰囲気が。

エントランスは、3つのドームが並んで迫力がある。

エントランスホールから廊下を抜けてドーム内に入ると、いきなり大きな滝と池、巨大なドームに高くそびえるヤシや、生い茂った密林。
ジャングル感たっぷりの異空間にワクワクさせられる。

熱帯温室は直線的なガラス建築より、こういうドーム形の方が、未来感があって好きだ。昔のSF的な、「外の環境と切り放された楽園」のイメージは、やはり“ドーム”が似合う。


池にはスイレンも咲いていた。

池をぐるっと回るように進むと、滝とその横の巨大なモンステラが近づいてくる。


道ばたには様々なランがお出迎え。

いよいよ滝が近づいてくる。かなりの水量で、豪快な音を立てている。
実はこの滝の裏側が通路になっている。植物園ではおなじみとも言える演出ではあるが、ここの滝裏通路はかなりりっぱだ。

そして滝上の岩場には、これも定番のモンステラ。

滝の裏から見たスイレン池。

滝に並んで、気根の滝も!

滝を抜けたところには大きなビカクシダ。

滝の裏トンネルを抜けて、さらに折り返して進むと、第2のトンネルが現れる。なにやら電飾が付いているが、今日は点灯していていない。

2つめのトンネルにも、りっぱなモンステラが雄々しく張り付いている。
葉っぱだけではなく、気根も見所だ。


ここにもりっぱな幹を這わせたモンステラ。しかしその幹をよく見ると…

根元が切れている…。これだけ気根が伸びていれば、もう幹が切れていても関係ないのだろう。


密林を抜けると、ところどころ開けたところで見える青空は、もはや東京都は思えない。

夢の島熱帯植物園で人気のアトラクションイベント「ツリークライミング」をやっていた。
年に何回か、別料金と予約制でやっているようなので、気になる人は要チェック。

その下にある熱帯雰囲気の東屋でちょっと休憩。

さらに進む。このドームは、多くの熱帯植物園と同じように、進むにつれて登っていく。上の方に展望台らしきものが見える。

とんとん橋。

下を水が流れ、その先にはもう一つの池が見える。その先にはあとでランチを食べた自慢のカフェが見える。


バナナの花。

たこの木の林を抜けてさらに登っていくと、メインドームも終盤。

最後に、やはり定番の旅人の木がお出迎え。

頂上には、さっきしたから見えた見晴台。手すりはモンステラのレリーフが!

以前はもっと眺めが開けていたが、だいぶジャングル具合が増した感じ。

これでメインドームは終了。これは隣のドームに移る通路。
この通路の両側に水生植物コーナーと食虫植物ミニ温室がある。

食虫植物温室。

これで基本的には終了。スロープを降りてもう一つのドームへ。
もう一つのドームは鉢物中心のミニコーナーと学習コーナー的な展示。
光るキノコなども展示されていたが、今回は光っていなかった。

夢の島熱帯植物館にはサボテン温室がない。そのかわり、このミニコーナーで珍しい多肉やサボテンの展示をやっていた。


展示室を抜けるとエントランスのロビーに戻ってくる。ここにミニ売店などがあり、観葉植物も少しだけ売っている。
そして、ここのもう一つの目玉、夢の島カフェ。

目玉はこのジャングルの絶景。

上からはわからなかったが、ここにも小さな滝がある。

このジャングルを眺めながらロコモコ、カレーなど簡単なものが食べられる。

サボテン温室がないのが残念だが、メインドームのスケールはやはり圧巻だ。
水も豊富でジャングル感は満点。絶景カフェもたまらない。
今まで気づかなかったが、年に2回、夜間観賞ができるとのこと。このカフェではお酒も飲めるということで、是非体験しなくては。

ということで

★★★【情報】★★★

【規模】大型。バブル期にたてられた都の施設は日本を代表するりっぱな施設。植物に関する映画も見れる観賞室などもある。

【東京都の施設】大人250円、65歳以上120円、中学生100円、小学生無料
【ジャングル度】★★★★★
【モンステラ滝度】★★★★★
【カフェ度】★★★★

夢の島熱帯植物館
http://www.yumenoshima.jp/

 

 

2018-02-01 | pickup, モンステラ・植物

オニバス自生地(指定天然記念物)

車で埼玉県を走行中、「オニバス自生地」の看板を発見。「オオオニバス」は植物園でもおなじみの「人が乗れる巨大な蓮」。でも、これは「オニバス」。蓮の“鬼”大きいやつではあるが、オオオニバスよりは小さいやつってことか?この辺の知識はあまりない…。


幹線道路から曲がって田んぼのなかを進むと、自生地がでてきた。

自生地という割には、きれいに区画整備されていて、水田の間に、公園のようになっていた。

看板を見ると、「オニバス復元池」となっていて、隣の用水路が「自生地」となっている。
あとでパンフレットを見てみると、どうやら、一度絶滅したと思われたオニバスが、用水路の地中に眠っていて、用水路を整備したら、眠っていたオニバスが芽を出し、それを保存するために復元池を整備したということらしい。

これがオニバス。
オオオニバスよりは小ぶりだが、確かに蓮というよりはスイレン?よりははるかに大きく、「鬼」らしく荒々しい葉の形である。
調べてみると、オオオニバスはアマゾン流域原産だが、オニバスは主にアジア原産。日本にも昔はたくさん自生していたらしいが、マコモやヒシなど、かつての日本の水辺の植物がどんどん、水田整備や護岸工事などで激減していったように、オニバスもその多くが消えていったようである。

葉をつき破って、花のつぼみのようなものが見えるが、ウィキには「花は水中での閉鎖花が多く、自家受粉で100個程度の種子をつくる。種子はハスと違って球形で直径1cm程度。8月から9月ごろに葉を突き破って花茎を伸ばし、紫色の花(開放花)を咲かせることもある。」と書いてあった。これはつぼみか?咲いたあとか? 花も見てみたい。

この復元池には、オニバスの他にも、「アサザ」「ミクリ」など、姿を見ることが少なくなった他の水生植物も保存されていた。



隣の水田跡地らしい池でも、オニバスを増やすため、大切に育てられているらしい。

たまたま看板見て立ち寄った「オニバス自生地」でしたが、いろいろと勉強になりました。

2017-09-20 | モンステラ・植物

道の駅おおつの里(花倶楽部)千葉南房総市

千葉県南房総市、ちょっと内陸にある道の駅は、このあたりに多い花の栽培農家が集まり、巨大な温室がたくさんあり花摘みができる個性的な道の駅だ。
4年前ぶりに来てみると、なんだか閑散としていてちょっと雰囲気が違う。


入り口にこんな張り紙が…

前回来たのは4月。なるほど、1年中通して花を咲かせるのは難しいだろう。しかし、休みもちょっと長い気が…

前回色とりどりの花で満ちあふれていたエントランスハウスも、がら〜んとしている…

何も植えられていないところも多く、あるのは熱帯系観葉植物だけ。


花摘みができたハウスも、苗が植えられたばかりの状態。


あまり手入れされてない感じのサボテン・多肉コーナーだけが取り残されている。

前回来たときは、花に囲まれて目に入らなかったサボテン、多肉達がたくさん。こんなにあったっけ?
こいつらには逆にこの荒涼とした感じが似合ってるか?

見事なアガベ。アテナータ?

こんな感じでしたが、ここからは4年前に来た花がいっぱいのときの写真をどうぞ。

今行けばアガベ。花を楽しみたかったら、11月以降にいってみましょう。

一応、モンステラマニア「熱帯植物園リスト」掲載しています。

★★★情報★★★

道の駅「おおつの里」花倶楽部
http://www.hana-kurabu.jp/

【規模】中規模 栽培ハウスクラスが10棟以上連なっているので、なかなかの広さです。
【道の駅】入場料はありません。受付で裁ちばさみを借りて、栽培ハウスの花々を自分で切って、レジに持って行くとお会計してくれます。意外と楽しいです。
【お花畑度】★★★★(時期による)
【モンステラ度】…モンステラはありません…でもサボテンや多肉はレジまわりで鉢植えが販売されています。

営業時間
12月〜6月 9:00〜17:00
7月〜11月 9:00〜16:30
※花摘みをされる方は16:00までに入園されることをおすすめします。

2017-08-29 | モンステラ・植物

富山県中央植物園温室〜モンステラ・マニア、富山初上陸〜


 モンステラ・マニア遠征記録は、北陸富山県初上陸の巻きです。

 DJイベント、個展、旅行などで何度も行ったことある石川県、金沢。そのたびに富山県はどうしても通過点となってしまい、今までゆっくり立ち寄ったことなかった。
ところが、昨年から友人が住むこととなり、今回久々の北陸旅は、富山県をじっくりあじわった。もちろんモンステラ・マニアとしては、富山県の熱帯温室を調べてみる。
すると富山県中央植物園と、氷見海浜植物園に熱帯温室があることがわかった。氷見のほうは少しこぢんまりしているようで、今回は富山市にある富山県中央植物園に、植物園初体験の友達を連れて行ってみた。

 富山駅の南西。市街地のはずれ。神通川と北陸自動車道が交わるあたりの、富山空港のそばにある、富山県中央植物園。新宿御苑の半分くらいだが、それでも広大な敷地に、大きな池が二つ。様々な木を配した森と芝生の公園の端に、熱帯温室がある。


新宿御苑のように、入園料を払う有料公園。入り口ゲートで入園料500円の切符を自動販売機で買って入園する。


アプローチに入ってすぐに温室が見えて来る。

まず見えてきたのがメインの「熱帯雨林植物室」。ホールのまわりに、このようなガラスの温室が5棟も配されている大型施設だ。さすが県立。


アプローチを進むと、まずホールがあり、入り口にも大きな看板が出ていたが、今日は「第38回 春のラン展」が開催されていた。

りっぱなランを見ながら、横の熱帯雨林植物室に早速入ってみる。

平成8年に全面開園したらしく、それほど歴史が古いわけではないが、20年くらいたっているだけあって、温室はなかなかのジャングル状態。

池は小さめだが、そのまわりをぐるっと回るように通路が配されている。

ジャングル度合いはなかなかだ。

通路もきれいに保たれており、所々に休めるベンチなどが置いてある。

早速モンステラ!?いやいや、これはよく間違えられる“マングーカズラ”。モンステラと同じサトイモ科だが、モンステラ属ではなくエピプレムヌム属(ハブカズラ属)。ハブカズラというのがあるが、それより強い品種なので、「ハブより強いマングース」から来ているというのは本当の話か?

やっとモンステラ登場。なかなか大型だ。後ろのレンガの壁がいい感じ。

巨大なアレカヤシ?とおもったら、本当に竹だった。
“キョチク(巨竹)”という世界最大の竹の仲間らしい。

根元がおもしろい。

一瞬ぎょっとする。
植物園でこういうコトするところは時々あるが…
さっきの池には小さいワニがいた…


またいたずらオブジェか?と思ったら、これは本当のカエル。周辺でカエルの鳴き声がたくさんしていた。

天井も高くて、なかなかの温室空間だ。

モンステラとお釈迦様!?
いや、隣にインドボダイジュがあるからだろう。
「無憂樹、沙羅双樹 と並び仏教聖木の一つ。 仏教三大聖樹(仏教三霊樹)。各地の仏教寺院では本種の代用としてシナノキ科の植物のボダイジュがよく植えられている。そのためボダイジュが「菩提樹」であるかのように誤解されることが多いが、本種が仏教聖樹の「菩提樹」である。」引用:ウィキペディア

れにしても何とも言えないお釈迦様。誰がつくった?
モンステラとお釈迦様の並びもなかなかいいのでは?

そのモンステラの横にあるのはモンステラの気根ではなく、ガジュマル。

この日は天気が良く、木陰になった通路が気持ちいい。

温室の端まで行くと、なかなかかっこいい展望台が出てきた。

が、上に登ると、茂りすぎててそれほど見晴らしがいいわけではなく…

熱帯雨林植物室のとなり。もう一つの三角形の部分は「ラン温室」

みんなのハワイアンズを思い出し、あんな感じでランがたくさん並んでるのかと思いきや、いきなり出てきたのは同じようにうっそうとしたジャングルに、巨大なモンステラ。


さらに斑入りも出てきて、さっきよりモンステラ多めだぞ。

こちらも、回廊がきれい。
りょっとランが出てきたか?

最後の最後にランの鉢植えが並んでました…

そして最後は旧モンステラミニマ、ヒメモンステラのラフィドフォラ・テトラスペルマ。

一度中央ホールに戻って、別の入り口から高山・絶滅危惧植物室へ。

板橋区立熱帯環境館にあった霧が漂う雰囲気はなかったが、山登りを楽しめる?演出。


山頂からの眺め。

足元には沢も流れている。

一つ納得いかなかったのは、温室の中でもここが一番暑かった…植物は大丈夫なのか?


再びホールに戻って、中庭のりっぱなソテツを見ながら…熱帯果樹室


一回り小さい温室に、果樹系の植物を集めたようだが、ここもなかなかのジャングル。
ただ、おもったより果樹があちこちなってるわけではなく、時期にもよるのだろうが、熱帯雨林植物室との差がそれほど感じられない。

植物園初体験の友人が見入る図。

ここにも展望台が。

上がってみると、やはり茂りすぎてて、それほど見晴らしがいいわけではなかった…

それでも、頭上は抜けていて気持ちがいい。

そして最後にやはり…いた…

ここで、離れ的な最後の温室は、時期も違う平成12年に完成したという「雲南温室」
富山と中国雲南省がどのような関係なのかはどこにも書いてなかったようだが…
雲南省は珍しい植物の宝庫ということのようだ。


そしてここには、やはりレッサーパンダが…

雲南温室を出ると、広大な池。そしてその奥に広がる立山連峰の美しい景色に、思わず全員声を上げる。


池の畔に見える温室。手前が「熱帯果樹温室」。奥が「高山・絶滅危惧植物室」。間にあるのがレストラン。ここでは立山連峰を見ながら名物白エビのかき揚げうどんが格安で食べられる…らしい。

それにしても美しい池越しの立山連峰。
せっかく富山に行ったら、もっといろいろ見るところあるんじゃない?という意見もあった?が、いやいや、なかなかの植物園でした。
今回は時間切れの温室のみでしたが、広大な公園をもっとゆっくり見てみたい。

そしてなにより、どこへ行っても激混みだった大型連休中でも、ゆったりと見ることができた。
穴場ですよ。
富山近郊の方は是非行ってみては。

★★★情報★★★

【規模】大型。さすが県立。高低差があまりないのと、サボテン室がないのがちょっと寂しいが、中央の池では、オオオニバスに乗れるイベントもあるらしい。

【県の施設】大人500円 温室だけではなく、公園全体の入場料。

【ジャングル度】★★★★
【モンステラ度】★★★ 規模の割にモンステラは控えめ。張り付く岩場や気根の滝も少なめ。本物の滝もない。
【アルプス度】★★★★ 高山植物質もあったが、公園の広場から見る池越しの立山連峰はやはり格別。

富山中央植物園
http://www.bgtym.org/

開園時間

2月〜10月:午前9時〜午後5時まで(入園は午後4時30分まで)
11月〜1月:午前9時〜午後4時30分まで(入園は午後4時まで)

休園日

毎週木曜日
※木曜日が祝日の場合、および4月の第1・2木曜日、ゴールデンウィーク、お盆の期間は開園 
年末年始(12月28日〜1月4日)

入園料

3月〜11月

12月〜2月

大人

団体(20名以上)

大人

団体(20名以上)

500円

400円

300円

240円

※高校生以下及び70歳以上は無料

2017-05-15 | モンステラ・植物

モンステラの葉から根が出た!

「モンステラ・マニア見てますよ」とか言われると、やはりうれしいものである。今のところ100%趣味でやっているにしても、植物とインテリアとアートの「啓蒙」とうたっている以上、見ている方からの反応があるというのは、ありがたいことだし、やりがいがあるというものだ。
いままでも、日本全国のみならず、イタリアやオランダなど、海外からもけっこうメールをもらい、その国の観葉植物事情の情報交換などしたこともある。

今回も、とても貴重な情報をいただいた。
他に方法が思い付かず、こちらのアドレス宛にメール致しましたこと、まずはお詫び申し上げます。どうしても報告したいことがあってメールを差し上げました。…」との書き出しに、非常に迷った上で勇気を振り絞って送ってくれたことがうかがえるそのメールには、「とんでもございません!」と大きな声で言いたくなるような、貴重な情報が。

それは、ポキッともいで瓶に挿しておいたモンステラの葉から、なんと根が出てきたというのだ。
投稿してくれた方は、7年前からモンステラマニアを見てくれているようで、昔のモンステラマニアに書いてあった「買ってきた切り葉から根が出たというのは本当か」というような記事を読んで、実際そうなったので真っ先に報告してくれた。

…Read More

2017-04-17 | モンステラ・植物

モンステラの紅葉

今年もモンステラが紅葉する季節がやってきた。
といっても、もちろん熱帯植物のモンステラが紅葉するわけがない。

モンステラは、環境が変わったり、日焼けしたり、寒さに耐えられないと、葉が黄色になって枯れてしまう。
枯れるといっても、大概は葉だけが落ちて、茎のほとんどは枯れておらず、またそこから芽を出すという強くしぶとい植物だ。
もちろん、枯れたあとに、ちゃんと適切な環境に置いた場合だが。
…Read More

2017-03-30 | モンステラ・植物

モンステラ・ロードバイク(ステッカーチューン)

monsterabike1

商品でつくったモンステラカーステッカーをロードバイクに貼ってみたら、案外いい感じだったので、調子に乗ってフルステッカーチューンしてみました。
取りあえずはプリンターでつくれる自作ステッカーで。
なかなかいい感じになりました。
…Read More

道の駅の熱帯温室「うつのみや・ろまんちっく村」

rm1
前回のブログに続き、宇都宮のジャパンカップサイクルロードレースを見に行ったときの話し。
ジャパンカップは、もう3年連続で見に行っている。そのとき拠点となるのがこの道の駅・うつのみや・ろまんちっく村。46haの広大な道の駅で、飲食、ホテル、温泉、広大な散歩できる森や体験農場がある。
…Read More

2016-10-27 | インテリア・建築・アウトドア・旅・コーヒー, モンステラ・植物

インテリアショップ “VANILLA”

vanilla

週末(10/22.23)は、日本の自転車ロードレース最高峰イベント、「ジャパンカップ」を見に宇都宮へ。
その途中、前から訪れたかったインテリアショップ「VANILLA」へ立ち寄った。

最近は、都内より地方のほうが元気がいいお店が多い気がする、ミッドセンチュリーデザインを主に扱うインテリアショップ。
このVANILLAもそのひとつだろう。かなり前に、僕のイラストも扱ってくれていたときは、まだ福島県の郡山にしかなかったが、宇都宮にも進出し、オリジナル商品なども出している。
…Read More

2016-10-25 | tetsuro oh!noの近況, インテリア・建築・アウトドア・旅・コーヒー, モンステラ・植物

ゼンタングル〜ゼンダラ〜曼荼羅:Zentangle

wave_next3

先日、うちのこどもから「ゼンタングルってしってる?」と聞かれて、わからないので聞いてみると、図工の授業で習ってきたようで、ヒッピー柄のような、ペイズリー柄のような複雑な柄を自分で考えて描くのだそうだ。

…Read More

2016-10-20 | インテリア・建築・アウトドア・旅・コーヒー, モンステラ・植物
1 / 1712345...10...最後 »