CASIO、OCEANUSのWEBマガジンに取材していただきました


CASIOの高級腕時計ブランド「OCEANUS」の大人のためのライフスタイルWEBマガジン「BLUE MOTIONS」にて、趣味と休日について取材していただきました。
昔から趣味が多いのです。多くて困るほど多いのです…。

OCEANUS(オシアナス)は、CASIOが誇る最高級腕時計ブランド。東京スカパラダイスの谷中さんがCMに登場したり、クレイジーケンバンドの横山剣さんがミッレミリアに参加したオースチン・ヒーレーの横に協賛ステッカーが貼られたりなどでもおなじみ。お二人のような大人の男をイメージしたかっこいい腕時計だ。

そのOCEANUSが提案する大人のためのライフスタイルWEBマガジンが「BLUE MOTIONS」。僕も何度か記事のイラストで関わらせていただいたが、今回はこの僕を取材していただけるという。

※今まで関わった記事は
ジェントルマンのための基礎講座

どうやら趣味がめちゃめちゃ多いらしいぞ、ということを関係者の方々が知っていたので、白羽の矢が立ったとのこと…
千葉の海辺まで行き、撮影してきました。

記事はこちら
Sporty Lifestyle オンとオフの時間を操り、シンプルに生きる

モンステラの新しいポスター完成


2000年代に、目黒通りにあった人気インテリアショップ「モダニカ」。アメリカ、カリフォルニアの有名なミッドセンチュリーデザインインテリアショップ「モダニカ」を日本に持ってきて、90年代後半からの目黒通り、ミッドセンチュリーインテリアブームの火付け役のひとつとして人気だった。
僕が会社を辞めてイラストレーターとして活動し始め、同時にモンステラ、インテリア観葉植物を広めるべく、モンステラマニアのWEBサイトを開設したころ、当時はインテリアブームであったにもかかわらず、今では考えられないくらい観葉植物冬の時代。
モダニカのオーナー須田氏は、他に、その隣のアールデコモダン、青山骨董通りのミッドセンチュリーモダン、同じく青山のケーススタディーショップなど、ミッドセンチュリーデザインを軸とした数々の人気インテリアショップを開いていた。そんな須田氏に、「モンステラ、モンステラとさわいでいるイラストレーターがいるよ」と、ある人が僕を紹介してくれた。ミッドセンチュリー時代に一世を風靡したモンステラ、インテリアにおける観葉植物がもっと注目されるべきなどと話が盛り上がり、観葉植物をテーマにしたポスターを製作することになったのが「WALL PLANTS」シリーズだ。

第1弾のモンステラの葉を大胆にレイアウトしたオレンジ色のポスターが瞬く間に人気となり、モンステラの写真にファイヤーキングのジェダイ色をあしらった第2弾。第3弾のアガベ、第4弾のトクサと、すべて人気で、テレビcmやテレビドラマ、バラエティー番組などの小道具に使われたりなどもした。
WEBサイト「モンステラ・マニア」も数々のメディアに取り上げられ、テレビ出演もさせていただいた。

リーマン・ショックを境に、目黒通りも様変わりした。多くのインテリアショップがなくなり、また新しいショップがどんどんできた。オーナが変わったものも多い。ちなみにモダニカは代理店が変わったが、須田氏のアールデコモダンは同じ場所に健在だ。おそらくトップクラスの老舗だろう。
しかし、「WALL PLANTS」シリーズは残念ながらしばらく続編はストップし、在庫もほぼなくなってしまった。

ずっと新しいポスターシリーズは模索していたが、ついにこの度完成。オンラインショップで販売を開始する。


落ち着いた赤をベースに、深いブルーの葉を重ねた、前回を踏襲するレイアウトデザイン。
葉の形は以前よりリアルな大型のモンステラの葉。

落ち着いたマットな厚手の紙に、赤も青も特色印刷。4色分解のドット印刷ではないので、発色も良く、風合いも良い。なにより、2色が重なった濃い部分、抜けた白、それらの色味の変化したデザインが、ミッドセンチュリーデザインにもぴったりマッチ。
まわりの白い余白も広く取っているので、前のWALL PLANTSの時のように額に入れても隠れることがない。
是非、あなたのお部屋にも1枚どうか。


サイズはB2サイズ。シートのみでも、シートだと丸めての発送なので、額付きでも販売しています。また、100枚単位で卸販売もします。サンプルも20枚くらいついて、かなりお得な価格になりますので、お問い合わせください。

PRINTS PLANTSポスター ” monstera deliciosa P19 ” RED & BLUE
サイズ:B2
オンラインショップへ→

明日以外すべて燃やせ!


Alexander Illustrationsの仕事です。
東京スカパラダイスオーケストラのnewシングル。
「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次 ・ 東京スカパラダイスオーケストラ」

右はDVD付き紙ジャケ仕様。左はCD版。

裏は

Art Direction & Desin : Yusuke Yoshinaga(solla Inc.)
Design : Kaede Isoda(solla Inc.)
Illustration : Alexander Illustrations(monstera deliciosa)

2018年 11月 28日発売

2018-11-29 | pickup, tetsuro oh!noの近況, イラストレーション

Alexander Illustrations

 

Alexander Illustrations(アレキサンダー イラストレーションズ)

2018-10-27 | tetsuro oh!noの近況, イラストレーション

東京的Liberal ArtsなWEBマガジン「TOKYOWISE」にて、熱帯温室マニア、連載スタート 


モンステラマニアでコツコツとレポートしてきた熱帯温室。ついに東京的Liberal ArtsなWEBマガジン「TOKYOWISE(トウキョウワイズ)」との完全コラボで、連載スタートです。
熱帯温室の魅力をさらに熱く語っていきたいと思います。

連載の最後には、僕が理想とする温室をビジュアル化する!
どうなるか、お楽しみに。

TOKYOWISE(トウキョウワイズ)
http://tokyowise.jp/

熱帯温室マニア
http://tokyowise.jp/rensai/nettai/1_intro1.html

サボテン植え替え記(ちょっとDIY)〜ペデスタルな器はミッドセンチュリーモダン!〜

古道具屋やリサイクルショップで少しずつ集めている器に、サボテンを植え替えた記録。かっこいい器に植え替えたくても、植木鉢とは限らないので、植物を植えるためには水はけのための穴が空いていないと根腐れしちゃう。でもその器に植えたい。

ということで、100円ショップで大きさが合いそうなプラスチック容器を買ってきて、ちょっとカットして、器はカバーとして使えるようにすればいいんじゃないか?ということでやってみた。

今回植え替える器は…
…Read More

井頭公園・花ちょう遊館 〜とちぎのスペースコロニー〜

温室訪問シリーズも、11施設を数える。今回は栃木編。宇都宮ろまんちっく村の温室も、すばらしかったし、何回も訪れてるとちぎ花センターもすばらしいが、今回もまたすごい。
栃木は隠れた温室充実県か?


栃木県の東側、真岡市にある井頭公園(東京の井の頭公園ではなく、こちらは「いがしらこうえん」)。そこにある「1万人プール」は栃木県民にとっては知らない人がいないというおなじみの場所らしい。その1万人プールから、広大な井頭公園の森の中を進んでいくと、突然ぽっかりと姿を現す「花ちょう遊館」。丸いドーナッツ形のドームはまるで月か火星にあるスペースコロニー。そのガラスのドームの中にびっしりと詰め込まれた緑が見える。


ガラスの外側からも、外界とは違う異空間が、このドームの中にあることが伺える。
前情報が少なく、期待していなかったが、予想に反して密度の高いジャングルの姿に期待が膨らむ。

…Read More

2018-06-07 | モンステラ・植物

夢の島熱帯植物館 【夜間開館】 〜夜のジャングル潜入編〜


このブログでもおなじみ、東京は夢の島にある熱帯植物温室の「夢の島熱帯植物館」。最近、動物園や水族館でも大人気の夜間解放をやっているという。しかも、コンサートなどのイベントもやっているというので、早速モンステラマニアも潜入した。
毎年夏と冬、それぞれ数日間の夜間開館がおこなわれているようだが、潜入したこの日は冬、クリスマスの頃だ。

アプローチを歩いているだけで、ライトアップされた温室とガラスに浮かびあがるヤシの木のシルエットが、見慣れた雰囲気とは全く違う非日常感に、期待が膨らむ。

…Read More

2018-03-27 | pickup, モンステラ・植物

イラストレーションブログ第1弾【アイスショー】

タイトル【The Ice Show】

ピョンチャンオリンピックも終盤。
結果ではないといいながら、長野オリンピックを越えるメダル獲得数で、ついつい盛り上がってしまう、スポーツ観戦大好きな私…。まだまだすばらしい戦いが続くが、やはり羽生選手の2連覇金メダルはすばらしかった。

…Read More

2018-02-22 | tetsuro oh!noの近況, イラストレーション

夢の島熱帯植物館


夢の島熱帯植物館。
都内を代表する熱帯植物温室だが、実はモンステラマニアでちゃんとしたレポートがこれまでなかったので、ここであらためて。

バブルまっただ中の1988年開園。東京都のこの施設は、近くの新江東清掃工場のゴミ焼却熱を利用して冷暖房をすべてまかなっているとこのと。2006年からは指定管理者制度により日比谷アメニス夢の島グループによって運営されてるらしい。大人250円という格安で見学できるのがうれしい。

…Read More

2018-02-01 | pickup, モンステラ・植物